女性

乾燥肌に効果抜群|酸素入浴剤でリラックスできる

使用頻度と使用法

ソープ

肌に合わせて適切に使う事

ピーリング石鹸を使うときに気をつけたいのが「使用頻度」と「使い方」です。使用頻度や使い方を間違ってしまうと、ピーリング作用が強く働きすぎて、肌トラブルの原因になるので注意が必要です。使用頻度については、ピーリング石鹸の種類や肌質に応じます。基本的にグリコール酸配合のピーリング石鹸は強力なピーリング効果があり、リンゴ酸配合のピーリング石鹸はマイルドな効果があります。肌が強い人の場合は、グリコール酸のピーリング石鹸を毎日の洗顔で使うことができます。しかし、敏感肌の人がグリコール酸のピーリング石鹸を毎日使うのはNGです。敏感肌は皮膚が薄い状態なので、ピーリングをすると角質が溶けすぎて肌がヒリヒリして赤みが出ることがあります。敏感肌の人は1ヶ月に3回から5回程度の使用がベストです。それでもヒリヒリするようなら、さらに濃度が低いピーリング石鹸を使用するか、リンゴ酸配合のピーリング石鹸を選ぶのがお勧めです。どんな肌質の人にも共通しているのが、ピーリング石鹸の使い方です。石鹸を使う前にぬるま湯だけで下洗いをしておくと、ある程度の汚れが取れてピーリング石鹸の酸が浸透しやすくなります。泡は手のひらに乗せてひっくり返して落ちないくらいの弾力が理想的です。そしてモコモコの泡を、目の周りと口の周りを避けて顔全体に乗せます。泡パックをしたらぬるま湯でしっかりすすいで泡を完全に落とし、タオルで水分を拭いて完了です。